「第1回オール多摩!健幸甲子園」を開催しました

image2平成28年1月24日(日)に、関戸公民館ヴィータホールおよびホワイエにて「第1回オール多摩!健幸甲子園」を開催しました(主催:健幸甲子園実行委員会。共催:多摩市、多摩市医師会、多摩歯科医会、多摩マイライフ包括支援協議会)。

昨年の3月に永山公民館ベルブホールにて行われたプレ大会と同様に、日々健幸づくりに取り組む団体の出会いとネットワークを作る、応援イベントとして開催しました。ステージ発表部門では22団体が参加、展示発表部門では13団体が参加をしました。
また今大会では、八王子市、日野市、町田市からのゲストとして、3団体がステージから日々の活動についてプレゼンテーションを行いました。審査員と来場者の投票により、最も健幸度が高いと評価された「楽農倶楽部多摩」が優勝に選ばれました。準優勝は「桜ヶ丘商店会連合会」、敢闘賞は「聖ヶ丘1丁目アパート自治会」、優秀賞(展示発表部門)「多摩市要約筆記サークル」がそれぞれ選ばれました。受賞団体にはプレゼンテーターとしてご参加された、阿部裕行多摩市長から賞状が贈呈され、ゲスト参加団体へは田村豊多摩市医師会長より特別賞が贈られました。

多摩マイライフ包括支援協議会では、次年度以降も健幸甲子園などの地域活性化イベントを積極に応援し、地域包括ケアの仕組み作りに寄与していく予定です。

おかげさまで無事に終了いたしました!

第1回健幸甲子園報告書

コメントは停止中です。