包括支援とは

包括支援の理念

family

超高齢社会を見据えたこれからのまちづくりは、行政、地域医療・介護・福祉の関係機関と地元企業、市民が共に垣根を越えて連携・協力関係で結ばれることが特に重要になります。また、住みなれた地域でいつまでも元気に生活を続けていくためには、身近な場所に活躍の場があり、世代を超えて共に支え合い、共に交わる場も大切です。私たちは、まだまだこの地域で活躍したい高齢者の方や、支えを必要としている方々、そして市内において様々な取り組みをされている地元企業の方たちと共に、明るく活力のある、誰もが生きいきと生活できる多摩のまちづくりを進めていきたいと考えています。

包括支援の仕組み

care
世界でも類を見ない超高齢化が進むとされる多摩市。自分らしく最期までの暮らすための「トータルケアの仕組みづくり」と障がい者も高齢者も、多世代が支え合うまちづくり」は急務です。地域住民や民間による自助、互助を基本とした地域包括ケアシステムの仕組みを構築し、元気で活力のある理想的な高齢社会の実現をめざし、医療・介護・福祉の関係機関と研究者・民間・NPOなどが垣根を越えて共に取り組むことが必要ではないかと考えています。

コメントは停止中です。